当サイトは各ブログ記事にプロモーションが含まれています

宅建試験合格したら実務講習を受けて宅建士証を取得しよう

宅建講習

筆者は令和5年宅建士試験に合格した後、実務経験が少ないので今現在の勤務先では必要な「宅建士証」が取得するため、今年(令和6年)2月に宅建実務講習を受講することにしました。

宅建士試験終了後、実務講習の予約はどんどん埋まっているため、合否発表後の予約枠は非常に少なくなってしまうのですが、筆者は日建学院(宅建実務講習)にてなんとか2月に滑り込みで枠を取ることができました。

そこで、今からの実務講習へ向けての準備や宅建士証交付に関する自分なりの考え方を述べていこうと思います。

宅建実務講習は条件に当てはまらなければ受けよう

宅建講習

宅建実務講習は、宅建実務が無い場合または会社で実務経験の証明が取れない場合は受ける必要があります。

一般社団法人不動産適性取引推進機構|宅建試験|宅地建物取引士資格登録等の手続きについて

都道府県ごとに登録手続きの説明がPDFとして掲載されていますので、是非そちらをご覧ください。

ちなみに筆者は在住し試験を受けて合格したのは山口県ですので、山口県庁土木建築部住宅課のサイトにて確認してくださいね。

今回筆者の場合の例を取り上げますので参考になれば幸いです。

そもそも実務経験が少ない

筆者は昨夏に前職を退職し、昨秋に建築会社の不動産部門に再就職し今に至ります。

前職では宅建部門があり従業者として4年半ほど従事していましたが、事務職だったので今回の実務講習を受けなくて良い条件に当てはまりません

アガルートアカデミー「宅建の登録に必要な実務経験とは」

前職で実務証明が取れない

元々実務経験はあるけれどもその会社は退職してしまい、再就職を果たすがその職場の在籍年数が少なく、前職で実務経験の証明が取ろうと考えていても前職が証明してくれない場合があります。

筆者の知人が実際その経験をしていてとても悔しい思いをしていましたが、前職の会社にとっては退職者に対してなんで証明する必要があるのかと考えているからなのでしょう。

また退職した会社に対して実務証明をしてもらうのが難しかったり、気持ちが進まない場合もあると思いますので、実務経験があったとしても講習を受けた方が気が楽だと筆者は考えます。

宅建試験に合格したら実務講習を受けて宅建士証を取得しよう

宅建士証交付の手続き

【宅建士証が交付されるまでの流れは大まかだと下記のようになります】
❶宅建試験に合格

❷宅建実務講習(都道府県の法定講習)を受講し修了試験に合格(宅建実務経験があり証明が取得できる方は不要)

❸合格した都道府県に提出

❹宅建士登録

❺国土交通省法定講習を受講

❻宅建士証が交付

宅建試験は誰でも受けることが出来、合格すればそれは一生ものなので、合格した後、実際実務に就かない方ですと宅建士証を取得する手続きをされない方がいらっしゃると思います。

宅建士証を取得しようとすれば、交付までは時間も日数もお金もかかるため、実務に必要なければ手続きを取らない方が多いのですが、その代わり「宅建士」と肩書として名乗ることができないことも事実です

ちなみに筆者自身、今時点まだ実務講習を受ける前で「宅建士証」交付されていないので、このブログに載せているのは「令和5年宅建試験合格」としています。

合格後1年以内は国土交通省の法定講習が免除される

宅建士登録後、交付を受けるために通常は国土交通省の法定講習を受ける必要があります。

国土交通省 宅建法定講習

ただし宅建試験合格後1年以内はこの講習は免除されるので、日数やお金が節約できます。

都道府県での登録まで1〜2ヶ月かかり、さらに国交省法定講習後2ヶ月以上かかることがザラなので、宅建士証交付まで月数がかなりかかるからです。

宅建士資格が必要な就職先を視野に入れているなら合格後すぐに手続きを取ろう

筆者は宅建試験を受けるきっかけの一つが不動産関係の仕事に就きたいと考えていたので、再就職先がまだ決まっていなくても合格したら手続きをしようと思っていました。

宅建士資格が必要な会社に勤務しているのであれば、宅建士証交付の手続きに必要な費用に対しての個人負担はあまり考えなくてもいい場合がほとんどですが、まだ勤務先が決まっていない中での手続きに対して、結構個人負担がかかります。

宅建Jobコラム(サイト監修者:棚田健大郎先生)
→宅建士証交付までの費用がどのくらいかかるかが詳しく掲載されています。

ただし、交付されて手元に「宅建士証」があれば即戦力になり、きちんと「宅建士」と名乗ることができるので正直有利だと思います。

筆者の場合は再就職する際、宅建試験を受験する数日前に面接をし、合格する気持ちをしっかり伝えて実際そのようになったのでホッとしてます。。。

宅建士証交付に至るまで、講習など段取りを経らなければならず簡単に取得出来ないからある意味大変なのですが、超高額商品である「土地」「建物」を扱うので、それだけ「宅建士」は責任の重い資格なのです。

それを考えると気を引き締めて知識と見聞をしっかり身につけていかないといけない資格だなと感じます。

実務講習を受けて「宅建士」資格をもって、誠実に業務をこなしていこうと思っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事

宅建士資格を取る道のり〜登録講習

宅建士資格を取る道のり〜新講座が始まるまでにやること①

宅建士資格を取る道のり〜理由づけ/新講座が始まるまでにやること②

宅建士資格を取る道のり〜忙しくても勉強時間を取る方法

宅建士資格を取る道のり〜5問免除講習を受講した感想

宅建士資格を取る道のり〜6月〜7月期間の進捗

宅建士資格を取る道のり〜7月後半〜8月前半期間の進捗

宅建士資格を取る道のり〜8月後半〜9月の進捗

宅建士資格を取る道のり 試験日前1週間〜忘備録

宅建士資格を取る道のり〜宅建試験に合格しました

藤井 菊恵

藤井 菊恵

リズラボ®️
Life Interior Styling Lab
藤井 菊恵
  
▷子ども4人、現在孫2人 

▷個人の生活習慣クセに合わせた住まいコーディネート
▷発達障害子育ての空間インテリアアドバイス 

▷習慣☆風水インテリア 

▷テーマ
☆自分に合わせた終活での断捨離方法
☆自分のクセを活かした住まいアドバイス
☆住まいにパワーストーンを取り入れる


▷発達・身体障害の末息子が2024年春から高校卒業^_^ 

▷建築業界 のべ19年目突入 

▷令和5年宅建試験合格
 インテリアコーディネーター
 キッチンスペシャリスト
 整理収納アドバイザー1級
 一般建築物石綿含有建材調査者講習修了
 整理ゆとりデザイナー2級
 賃貸住宅メンテナンス主任者認定取得

FOLLOW

関連記事