土地の場所と人間関係は密接につながっている〜風水カウンセリングで解決

家

インテリアコーディネーターの資格を活かして、インテリアコーデだけでなく、発達障害・身体障害を持つ次男の育児経験による、お片づけ苦手を活かした整理術カウンセリングを行なっています。

また風水インテリアのルーティン化するアドバイスもお伝えしています。

今回は「土地の場所と人間関係は密接につながっている〜風水カウンセリングで解決」についてお話しします。

インテリアコーディネーターの立場からインテリアのご相談と一緒に風水についてのご相談も受けることもしばしば。

さまざまな風水カウンセリングをする中で、「人間関係」についてのご相談が多く、意外と住んでいる家と密着していることが垣間見れ、風水と重ね合わせていくことで解決に糸口になったりすることがあります。

今回の記事でアナタが悩める「人間関係」が少しでも良好になるよう参考にしていただけると嬉しいです。

あなたは、あなたが住んでいる家は最高だと感じていますか?

産まれてからずっと実家暮らしの方も、進学や結婚などの節目で住む場所が変わっている方も住む家選びは人生の中で重要でかつ究極の選択です。

土地や建物を新築、または中古で購入する方は、場所を選ぶのに悩まれることでしょう。

賃貸か購入か

どちらも【住んで生活する】ことには、なんら変わりはありません。

そこで重要なのは【住む土地】

なぜ【住む土地】が重要なのでしょうか。
これを今から解説していきます。

土地は「磁場」というものが発生しています。

私たちは地球に居るので、地球という個体には「磁力」があり、地球が自転している、重力がある、宇宙からの高エネルギーから守っている・・・などの自然現象があります。

土地には磁場があるため、自然のエネルギーがうず巻き、人間自体のオーラを形成している、という事がいえると思います。

当然私たちのご先祖さまも含めて長い歴史の中、磁場の氣流が良い・悪い場所というのは必ず存在します。

この磁場の氣流が人間関係、仕事関係にも影響を与えます

 

例えばこんな経験はありませんか?

◯同じ場所に立ち替わりお店が変わる
◯場所を変えたらご近所付き合いが良くなった(悪くなった)
◯仕事を変わることになったが良くなった(悪くなった)
◯家を建てで引越したら肉親が病気になった

上記の項目で1つでも経験があると思います。

特に住む土地でのご近所さんが道端で会えば楽しくお話をしたり、挨拶を交わしたり、日常生活になんら支障がない暮らしが出来ることが、そこに住んでいることの幸せを感じることが出来ますよね。

でも、逆にゴミ屋敷だったり、夜にパーティーなどでうるさかったりすると、住んでいる自分たちまで気持ちがブルーになってしまいます。

フィクションな感じがしますが、リアルに起こっていてご相談がある事項の一つでもあるのです。

あなたが住んでいる家が「最高だ!!」と断言できるのであれば、あなたの住んでいる家の周りの環境がそれなりに整っていて、ご近所さんとの関係性も良好だからこそ住み心地が良いのです。

それだけ「住む土地」はとても重要なのです!

 

あなたが住んでいる土地・家が吉なら人間関係が潤滑になっていく

あなたが住む土地の場所や環境によって、周囲に住んでいる世帯との人間関係や家族に関わる人間関係も影響が出てくることは先ほどお話をさせていただきました。

少し違和感があるような環境にいると、あなた自身がその環境に耐えられるのかどうかという問題が出てきます。

住む土地を考えた時、

吉の年周り
吉日
吉方位
直感
波動

この5項目が結構大事な事項になります。

その中で特筆すべきな事項は・・・

直感

なのです。

即座に「Yes」or「No」を脳が反応しているので、その感情は正しかったりします。

この「直感」に素直に従えば、自分が納得できる答えを得ることが出来ますよね。

でも、これをねじ曲げて直感とは違う答えに変えてしまうから後悔するのです。

「吉」は、人それぞれ訪れる時期が違い、誰を主役にするかによって、運命自体が変わることもありうるのです。

住む土地は恋愛関係に良く似ていて、その土地に決める前から、あなたは良い・悪いが案外分かっている事が多いのです。

風水カウンセリングで、家の相談のお話を伺ってみると、「吉」の土地選びをしているご相談者様は、ご本人自体が直感で「良い❗️」と感じている方が多く、微妙な思いの土地は、必ずご相談者様本人がなんらかの不安要素があります。

これってフシギなんですが、微妙な思いがあると、ご相談者様を悩ませる「氣」を本人に伝えているんですよー!

住む場所に不安があり、自分の不安感情を素直にしたがっている方は、土地や建物を決済するに、風水カウンセリングを受けた方が得策です。

ただ全てにおいて、あなたのお眼鏡に叶うベストな場所はありません。

妥協しなければならない部分はもちろんありますが、こだわりたい部分はこだわって「吉」を選んでいけば、納得のいくすみかを選ぶことは充分できます。

「吉」のすみかだと、人間関係が変わります。
少しずつなのか、ガラッと変わるのか、変わるスピードは人さまざまですが、確実に変わります。

では「何が変わる」のか⁇

【生きる環境】が変わります

 

【環境】は、人間におよぼす度合いは高く、良くも悪くも人格形成を変化させてしまう力があります。

特に生きるための【環境】によって、人脈を変えていき、人間関係に変化し、果てはあなたの心に影響するんですね。

それくらい土地や建物は、あなた自身の内面に関わっていくのです。


「家」に感謝したら「人」に感謝できる自分になれる

住む土地を決める時、

いいなー!!!

・・・と感じたら、その土地に出会ったことを感謝してください

感謝する = ありがとうございます

ありがとうございますとその土地や建物に住むようになったら口ずさんで欲しいです。

「感謝する」っていう感情は、生き方をレベルアップ出来ます。

それくらいパワーがある言葉です。

「感謝」が出来るということは、「吉」の環境に出会えているということだと筆者は思っています。

「吉」の環境だと、土地の磁場とあなたの氣の流れが呼応し、生き方・人間関係のステージアップにつながります。

多少マイナスな事態が起きたとしても、いずれは快復し、氣流レベルが持ち直されていくだけの力があります。

それだけ「吉」の住環境は、良い氣が包み込んでくれています。

住む人が「吉」と感じているからこそのハイレベルなのです。

ちなみに筆者の体験談をお伝えしますと。

実際、今住んでいる家はラッキーだといつも感じていて、「ありがとう」といつも家族で話しています。

それは、今住んでいる土地が新聞でたまたま見た不動産情報で知り、実際土地を見に行き惚れ込みました(^ ^)

高台にありますが路地が多い場所で、家の前の道路は県の持ち物ではないため権利としての不動産登記の料金が通常よりも余分にかかってしまう・・・というマイナス面がありますが、国道にわりと近い割には静かで街中にあるのに売値が安く、公共交通機関などが利用しやすい場所というのもプラス要素が多かったので、この土地に決めました。

夫婦で直感で決まりました!

建物は外構工事に関してトラブルがあり、その後その工務店は倒産してしまいましたが、建物自体は設計士さんとトコトンこだわり話し合いを重ね、腕の良い大工さんが担当してくださったおかげで10年以上楽しく住んでいます。

建物の建築工程はほぼ毎日見にいくくらい、ワクワクしながら建つのを楽しみにしていたので、とても思い入れが強い家ですね。

確かにマイナスな面や嫌な体験もしましたけど、この場所を選んで決めて良かったなぁとしみじみ感じている今日この頃です。

このように全部が全部、自分の思い通りにベストな状態になるわけではないですが、8割くらいの満足度が得られる住まいにした方が、住む側としてはとても大切な存在です。

毎日「お付き合いする」家ですから。

生活する上で、欠かせない『住む家』
あなたが住んで良いことがある場所を選んで、人生を謳歌して欲しいと願っています^_^

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

●他にも家の考え方を書いていますので、良かったらこちらもご覧くださいませ。

家の間取りでこだわる点とは

藤井 菊恵

藤井 菊恵

リズラボ®️
Life Interior Styling Lab
藤井 菊恵
  
▷子ども4人、現在孫2人 

▷個人の生活習慣クセに合わせた住まいコーディネート
▷発達障害子育ての空間インテリアアドバイス 

▷習慣☆風水インテリア 

▷テーマ
☆自分に合わせた終活での断捨離方法
☆自分のクセを活かした住まいアドバイス
☆住まいにパワーストーンを取り入れる


▷発達・身体障害の末息子が2021年春から高校生^_^ 

▷建築業界 のべ16年目突入 

▷インテリアコーディネーター
 キッチンスペシャリスト
 整理収納アドバイザー1級
 発達障害子育てインテリアアドバイザー

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。